Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

退職するときの 健康保険の手続き

退職すると、翌日にフジクラ健康保険組合の被保険者でなくなります。すぐに再就職しない場合、退職後に加入する医療保険制度をご自身の判断で選びます。

退職するとき

保険証を返納してください

退職後5日以内に、事業所担当者を経由して「保険証」を返納してください。

退職後の医療保険を自分で選びます

退職と同時に再就職する場合は再就職先の医療保険に加入しますが、退職後に仕事をしない場合は次のいずれかを選択することになります。

退職後

再就職しない時 再就職するとき

①再就職先が加入している医療保険の被保険者になる ②当健康保険組合の任意継続被保険者になる ③国民健康保険(国保)に加入する ④配偶者や子供の被扶養者になる

75歳以上はだれもが後期医療精度に加入します

①再就職先の健康保険に加入する

再就職先で新しい保険証を受け取ってください。

②当健康保険組合の任意継続被保険者になる(引きつづき当組合に任意で加入する)

退職の日まで継続して2カ月以上フジクラ健康保険組合の被保険者だった方は、退職後も2年間は任意継続被保険者としてフジクラ健康保険組合に加入し、給付を受けることができます。被扶養者だった方は扶養資格の確認を受け、引き続き被扶養者になった方は給付を受けられます。
保険料は会社の負担がなくなりますので、全額自己負担となります。

手続き
資格喪失後20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」及び「預金口座振替依頼書」を事業所担当者を経由して健康保険組合に提出してください。
  • 詳しくはこちら

③国民健康保険(国保)に加入する

誰でも加入できます。詳しくはお住まいの市(区町村)役所の国民健康保険窓口にお問い合わせください。

手続き
退職の翌日から14日以内に事業主の発行する「退職証明書」、又は健康保険組合の発行する「資格喪失証明書」を添えて、お住まいの市(区町村)役所の担当窓口で手続きしてください。
解雇などによる失業者(会社都合)は国民健康保険料が軽減されます
会社の倒産や解雇など自ら望まないかたちで失業された方(非自発的失業者)の国民健康保険料は、概ね在職中に負担していた保険料の本人負担分の水準に維持されるよう、軽減されます。このため、任意継続の保険料より安くなるケースも想定されますので、国民健康保険料軽減制度の適用を受けられるかどうかを市役所等へ確認してください。参考資料「厚生労働省」からの通知をご覧ください。
詳しくはこちら»
(その場合の申請手順)
  • 退職理由が「会社都合」であった
  • 国保へ電話をし「会社都合」で退職した場合の国保の保険料額を確認する
  • 国保の保険料額が、健保の任意継続の場合の保険料額と比べて安かったら国保へ加入をお勧めします
  • まず、国保の保険証をもらう
    • 健保または事業所窓口から「資格喪失証明書」をもらい、
    • 「資格喪失証明書」を市役所の国民健康保険の窓口へ提出し保険証をもらう
  • つぎに、保険料「減額」の申請をする
    • 給与が発行する「離職票」をもってハロ−ワ−クヘ行く
    • ハロ−ワ−クで失業保険の手続きをし、「雇用保険受給資格者証」をもらう
    • 「雇用保険受給資格者証」を市役所の「国民健康保険の保険料の算定」の窓口へ提出し「減額」の手続きをする
  • 以上
◎軽減された額が任意継続の保険料より安い場合は、国民健康保険への加入をお勧めします。
退職者医療制度は経過的に存続
国民健康保険において後期高齢者医療制度等の創設に伴い退職者医療制度は廃止されましたが、平成26年度までの間における65歳未満の退職被保険者等が65歳に達するまで、経過措置として存続します。

④家族に扶養してもらう

条件を満たせば、家族が入っている健康保険の被扶養者になることができ、保険料を負担することなく給付を受けられます。

手続き
家族の加入する健康保険の担当窓口で手続きしてください。
Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.