Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

医療費が高額になったとき (70歳未満の方)

医療費の自己負担は3割(小学校入学前は2割)ですが、特殊な病気にかかったり長期入院すれば医療費がかさみ、自己負担も高額になってしまいます。そこで、自己負担限度額を超えた差額分は「高額療養費」として健康保険組合が負担します。

※70歳以上75歳未満の方はこちらをご覧ください。

医療費が高額になったとき

自己負担限度額

同一人が1カ月に同じ病院で自己負担して支払った額が次の限度額を超えたとき、その差額は「高額療養費」として健康保険組合が負担します。

区分 高額療養費の自己負担限度額(1ヶ月あたり)
標準報酬月額 83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1
53万円~79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1
28万円~50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1
26万円以下 57,600
低所得者(住民税非課税者) 35,400

高額療養費の支給例

条件:総医療費100万円、小学校入学後70歳未満、区分は、1~3回目、合算なし

自己負担額 1,000,000円×3割=300,000
自己負担限度額 80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430
高額療養費 300,000円-87,430円=212,570
付加給付 87,430円-25,000円=62,430
→(100円未満切り捨て)→62,400

世帯合算の特例

自己負担額が限度額以下でも、次の場合は自己負担額をすべて合計し、自己負担限度額を超えた差額分は「合算高額療養費」として健康保険組合が負担します。
① 同一世帯で1カ月に2人以上がそれぞれ21,000円以上の自己負担額がある場合
② 同一人が1カ月に2カ所以上の医療機関でそれぞれ21,000円以上の自己負担額がある場合

多数該当の場合の特例

同一世帯で1年(直近の12カ月)の間に高額療養費の支給が3回以上になった場合、4回目からは自己負担限度額が140,100円/93,000円/44,400円/24,600円となり、超えた分が払い戻されます。

特定疾病の場合の特例

血友病や人工透析を受けている腎不全などの長期高額療養患者は、特定疾病の認定を受けると自己負担限度額が1カ月10,000円(人工透析を受けている上位所得者は20,000円)となり、自己負担限度額を超えた差額分は現物支給されます。

当健保組合の付加給付

一部負担還元金/家族療養費付加金

本人または1人の被扶養者が同一月、同一医療機関等で診療を受けたとき、療養(食事療養および生活療養を除く。)に要した費用の自己負担額(入院・通院別。また、医療機関の処方せんに基づき薬局で薬剤の支給が行われた場合は合算して1件とみなす。)として支払った額(高額療養費が支給される場合はその額を除く。)から25,000円を控除した額(100円未満切り捨て)を支給します(算出額が1,000円未満の場合は不支給)。

合算高額療養費付加金

合算した自己負担額(合算高額療養費および入院時食事療養標準負担額・生活療養標準負担額を除く。)から1件(医療機関の処方せんに基づき薬局で薬剤の支給が行われた場合は合算して1件とみなす。)につき25,000円を控除した額(100円未満切り捨て)を支給します(算出額が1,000円未満の場合は不支給)。

手続き

高額療養費および付加給付は健康保険組合で自動計算して支給しますので、申請は不要です。(一部、公費対象・市町村からの助成がある場合等を除く。)
支給は診療月の3ヶ月後(最短)となります。

病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき

高額な医療費がかかったとき、通常はいちど窓口で医療費の自己負担額を全額支払い、あとで健康保険組合から高額療養費の給付を受けます。
ただし、事前に「健康保険限度額適用認定証」の交付を受けることにより、医療機関での窓口負担が自己負担額から高額療養費相当額を控除した自己負担限度額のみですみます。

手続き
◆申請書
・健康保険限度額適用認定申請書
  • 申請書
※注意
・申請書はA4用紙で印刷してください。(裏紙印刷は不可)
・事業所担当者を経由して提出してください。(任意継続被保険者の方は健康保険組合に提出)

資金貸付の特例

入院などにより医療費の一部負担金が一定額以上になると高額療養費が支給されますが、支給まで3カ月以上かかります。そこで、当座の医療費の支払いにあてるため、無利子で高額療養費支給見込額の8割相当額の貸付を受けられる制度があります。
高額医療費資金貸付を希望される場合は、直接、健康保険組合にご相談ください。

医療と介護の合算の特例

医療と介護の自己負担の合算額が高額となった場合、負担を軽減することができます。 具体的には、医療保険で高額療養費の算定対象となった世帯に介護保険の受給者がいる場合、医療と介護の自己負担額を合算することができます。自己負担限度額は年額で定められ、限度額を超えた分が支給されます。

Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.