Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合

文字サイズ
小
中
大

医療費が高額になったとき(70歳以上75歳未満の方)

高齢者の1カ月の自己負担額が高額になった場合、下記の自己負担限度額を超えた差額分を「高額療養費」として健康保険組合が負担します。

医療費が高額になったとき

自己負担限度額

同一月にかかった医療費の自己負担額が次の限度額を超えたとき、その差額は「高額療養費」として健康保険組合が負担します。

  個人単位(通院のみ) 世帯単位(入院含む)
現役並み所得者(※1) 57,600
80,100円 +
 (医療費 - 267,000円) × 1%
一般 14,000
[年間上限144,000円]
57,600
低所得者Ⅱ(※2) 8,000 24,600
低所得者Ⅰ(※3) 15,000

※1 標準報酬月額28万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方
※2 被保険者が市区町村民税の非課税者等である場合 (※1の場合を除く。)
※3 被保険者とその扶養家族全ての方の収入から必要経費・控除額を除いた後の所得がない場合(※1の場合を除く。)

多数該当の場合の特例

現役並み所得者および一般所得者は、同一世帯で1年間(直近の12カ月)に高額療養費の支給が3回以上になったときは、4回目から自己負担限度額が44,400円となり、超えた分が払い戻されます。

特定疾病の場合の特例

長期高額療養患者は、70歳未満の場合と同様に自己負担限度額が1カ月10,000円となり、自己負担限度額を超えた差額分は現物支給されます。

特定疾病の場合の特例

基準日(7月31日)時点の所得区分が一般所得区分または低所得区分に該当する場合は、計算期間(前年8月1日~7月31日)のうち、一般所得区分または低所得区分であった月の外来療養の自己負担額の合計が144,000円を超えた額が払い戻されます。

70歳以上75歳未満の方(高齢受給者)には「高齢受給者証」が交付されます

70歳以上75歳未満の方(後期高齢者医療制度の加入者を除く)は医療機関での自己負担が所得に応じて2割※1または3割となります。対象者にはこの自己負担割合を明記した「健康保険高齢受給者証」が交付されます。受診の際は保険証とともに、この受給者証を提示してください。

70歳以上75歳未満
一般
2割※1
現役並み所得者※2
3割

※1 誕生日が昭和19年4月1日生まれ以前の方は、一部負担金等の軽減特例措置により1割
※2 標準報酬が28万円以上の方(夫婦2人以上の世帯は年収520万円未満、単身世帯は年収383万円の方で健康保険組合に申請した場合は除く)

Fujikura Health Insurance Society フジクラ健康保険組合
〒135-0042 東京都江東区木場1-5-1
  • Tel.03-5606-1031
  • /
  • Fax.03-5606-1560

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2013 Fujikura Health Insurance Society All Rights Reserved.